フリーランスの納税義務

バナー

フリーランスの納税義務

フリーランスになると、納税関係の手続きを自分でしなければならなくなります。

また、社会保険も自分で国民年金や国民健康保険に入らなければいけません。


間違いがないよう、慣れないうちは税務署や市役所に相談するようにしてください。

まずかかってくる税金ですが、所得にかかるのは所得税です。


所得の合計額が1年で38万円以上であれば申告しなければいけません。

毎年行われている確定申告にてフリーランスで得た収入を申告します。青色申告と白色申告があり、税が優遇されるのは青色申告です。

できれば面倒がらずに青色申告をできるようにしておきます。


経費はもちろんできるだけ計上したほうがいいので、領収書は必ず普段から取得するようにしてください。

フリーランスを情報を幅広くご活用下さい。

また、もしフリーランスで依頼された仕事の中で源泉徴収税を控除の上で報酬を受けていた場合、支払調書を確定申告書に貼付することで過払い分を還付してもらえます。

All Aboutはとても評判が良いです。

住民税の申請はこの確定申告書の事項により地方自治体に申告されることになります。
別々に申告する必要はありません。
所得が低いと住民税が全額免除になることもあります。

気になる場合は算定基準を各自治体に聞いてみてください。

そしてもし年収が1、000万円を超える場合は消費税の納税義務が発生します。

また、所得合計が年290万円超える場合は個人事業税が課せられます。

個人事業税は納付書が確定申告後に送られてくることとなります。ここで所得と収入の違いですが、所得は経費を引いた金額で、収入は売上そのものです。

間違わないように注意してください。